FC2ブログ
今日はゲームの話じゃないんです。

仕事が休みだったので、公開前からずっと気になっていた映画
「名探偵ピカチュウ」をようやく観てきましたよ。

月曜日の朝なのに、ちびっ子が多くてなんでだろうと思ったのですが...
みんな運動会の振替休日だったんですね。納得!!


【ネタバレ無しの感想】

結論から言うと、かなり楽しめました!面白かったです!!

ピカチュウはやっぱり可愛い。おっさんでも可愛い。むしろそのおっさんがクセになる...。


「これちびっ子達大丈夫かな!?」と思う程度には子供向けではなかったですね。

むしろ初代ポケモン、金銀あたりを遊んでた世代が狙い撃ちされている....!!と感じました。

ポケモンが現実に居たら、こんな感じだろうな〜っていう世界観をかなりリアルに表現している!
予告とかで見たときは正直、やり過ぎだろ〜って思うくらいポケモンがリアル寄りで不安でしかなかったのですか。

人間の世界に重ね合わせるとそのリアルさも違和感無くってですね....
は〜なるほど!!なるほどな!! なるほどが止まらない。

実際このポケモン居たら、確かにこうなりそうだなぁってのが随所にあって

ストーリーももちろん楽しめたのですが、ポケモンを実在する生き物のように丁寧に描写してる所が私は気に入りましたね。

後、アニメとかゲームだと主人公って少年ですけど
映画の主人公が、普通に社会人として働いてる青年っていうのが我々世代的にスッと入れるポイントなのではないかと。

逆にちびっ子には馴染みにくい設定だったのかもしれないですが...

きっと、そのちびっ子たちのパパママもポケモンに夢中になった時代があったと思いますし
今も現役のポケモントレーナーかもしれないし...大人も結構ポケモン好きなんだよって何となく伝わるんじゃないでしょうか。

私は、何気に最新作までポケモンは履修済みなんですけど
毎回「もうついていけないかな〜」とか思いつつも遊んでます。

何だかんだ好きなんですね。

それを改めて実感させられた映画でした!!


印象に残ってるピカチュウの台詞で
「俺はパーティポケモンじゃないんだけどな〜」的な事を言うんですけど

パーティポケモン=パリピのポケモンバージョンって事かっ!!!

この吹き替え版台詞のセンス、嫌いじゃない。
英語では実際どんな台詞だったのかすごく気になります。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示